水槽に敷く砂利やソイルの種類について

アクアナ4周年記念 お客様感謝クーポン!

底床

底床
水槽に敷く砂利やソイルの種類について

カートを見る 発送についてはこちら

底床のカテゴリ

ソイル
ソイル
天然の土を焼き固めた物で、水草や稚エビなどに必要な有機栄養素が存分に含まれています。そのため自然に近い水質を作り上げ、立ち上がりが早いのも大きな特徴です。 ソイルの欠点は寿命があること。粒が泥化する1年〜2年が交換の目安です。

砂利
砂利
安価な砂利はPHが上がるなど水質に影響があるものが多く、水槽の立ち上がりに時間がかかることもあります。 それに比べて少々割高ですが、天然の川砂利やゼオライトなどは、そのものにPHの変化がなく、バクテリア定着が早く水質も安定しやすいので、特に初めて魚を飼育される方におススメです。 ★砂利は、餌や魚の糞などから生成されるアンモニアを分解、無害化するバクテリアの住処になりますので、たくさん敷くほど水質は安定しやすく、濾過フィルターの補助的な役割も担います。 ※量の目安は、30センチS水槽で2キロ、60センチレギュラー水槽で8キロ、水草を植える場合は上記の量×1.5倍が理想です。


■営業時間 10:00〜20:00
« 2018/10  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


はお休みです。

会員情報確認

通販ご利用時に登録いただいた会員情報の確認及び変更ができます。
会員ID又はメールアドレスとパスワードを入力の上ログインを行ってください。

会員ID/メールアドレス

パスワード

いろいろなさかなの飼いかた

これから魚を飼うにあたり、さまざまな疑問や不安を解消するためにいろいろなさかなの飼いかたをご紹介します。
発送について
おさかなBlog 最新入荷情報から店長の小言までアクアリウムの事ならなんでも
アクアナ Facebook ページ